D2C/P2C専用 オートコールセンター 構築システム

メーカー様に新しい"時間"と、隠れていた"粗利"を提供し、
コールセンター経費90%削減、継続率アップ30%を実現します。

  • Shopify
  • ecforce
  • リピスト
  • サブスクストア
  • 楽楽リピート

マニュアル不要の直感的デザイン

マニュアル不要(※1)の直感的デザインで、自分の思い描いた設計がサクサクLINEで構築できます。

※1:オートコールセンタープランには電話、チャットワークサポートが付いています。ECAIの設計を知り尽くしたエキスパートスタッフがサポートしますのでご安心くださいませ。

ECAIが選ばれる理由

コールセンターの課題 ECAIが解決してくれる理由
×
クレーム対応によるストレスで
オペレーターの定着率が悪い

テキスト、テンプレ対応でオペレーターのストレスを軽減し
離職率を下げることが可能です。
×
優秀なオペレーターが管理職になってしまう。

優秀なオペレーターが作成したスクリプトで
誰が対応しても品質が一定になります。
×
解約の引き留めに成功しても、
しなくてもコストがかかってしまう

解約の引き留めに費用が一切かかりません。
×
電話がつながらない。
というハレーションが起きます。

電話がつながらない。
というハレーションが起きません。
×
急な売り上げアップの際に、電話がつながらなくなる。

急な売り上げアップでも、すべて受付可能
(同時通話300回線まで可能)
×
急な売り上げダウンでも、
オペレーターを削減するのに時間がかかる

急な売り上げダウン時は、
決まった固定費しかからない
×
飲み方や使い方など簡単な対応でも
経費が掛かってしまう。

飲み方や使い方など簡単な質問に経費は掛からない。
さらに、動画でわかりやすく説明可能
×
定時対応

24時間365日対応可能
(解約の流れのページをつくる)
×
オペレーターによって品質に差が出る。

対応が一定になる
×
オフィスワークのみ

フルリモート化が可能

ECAIの実績

2021年10月24日更新
納品までの流れ

納品までの流れ※オートコールセンタープラン納品の流れになります。
スタートプラン、LINE公式アカウント機能拡張プランは最短即日、最長10営業日で納品。

最短2週間(14日)で運用開始できます。

  • 1お申し込み相談

    まずはお問い合わせページから導入検討の旨をご連絡お願いします。
    サービス説明の候補日をご返信させていただきます。

  • 2サービス説明

    転売屋阻止
    継続率30%UP
    コールセンター経費90%OFF
    がなぜ実現できているのか実際の画面もお見せしながらZOOMにてご説明します。

  • 3お申し込み

    導入を決定頂きましたら注文書、ヒヤリングシートをお送りします。
    御社にやっていただくのは注文書の記入とヒヤリングシートの記入だけです。
    (記入例もありますので早ければ1時間程度で記入できます。)

  • 4納品、納品前レクチャー

    運用するスタッフ様に納品前レクチャーを実施いたします。
    担当者様が理解するまでご説明します。
    社長や管理職の方が一生懸命に覚えてなくて大丈夫です。
    運用後もプロスタッフが使用方法をサポートします。

  • 5運用開始

    数字を見ながら解約防止策の実施、休眠顧客の掘り起こしを行っていきます。

弊社プロスタッフが
御社の数字を
徹底的に改善していきます。

プロスタッフが
“利益”を守ります。

スピーディーなレスポンス、
分かりやすい説明、
3つの窓口で御社の利益を守るための
サポートを行います。

  • チャットワークサポート・イメージ

    チャットワークサポート平日11:00~17:00(土日祝日休み)

    お客様専用のチャットワークを開設します。
    運用担当者様、責任者様など
    何名様でも追加可能です。

  • 電話サポート・イメージ

    電話サポート平日11:00~17:00(土日祝日休み)

    初期設定が終わりましたら
    煩わしい設定などありませんが、
    ご担当者様がECAIをストレスなく
    運用できるようお電話にて
    使用方法を的確にご説明いたします。

  • ZOOMサポート・イメージ

    ZOOMサポート平日11:00~17:00(土日祝日休み)

    顔を見て説明を受けたい、画面を共有して
    説明を受けたいという方の為に
    ZOOMサポートもご用意しております。
    ZOOMサポートのみ
    事前予約をお願いしております。

ECAIプロスタッフ・十訓

  • 一つ、私たちはお客様の利益を守ります。
  • 一つ、私たちは改善に妥協しません。
  • 一つ、私たちは諦めません。
  • 一つ、私たちはどうすればできるかを考え抜きます。
  • 一つ、私たちは時間をきって対応にあたります。
  • 一つ、私たちはイシューを明確にし対応にあたります。
  • 一つ、私たちは失敗を恐れずチャレンジします。
  • 一つ、私たちは約束は守ります。
  • 一つ、私たちは時間を大切にしています。
  • 一つ、私たちはスピードを大切にしています。

よくある質問

  • Q1LINEのみの解約でクレームは来ませんでしょうか?

    Aはい、問題ありません。大きな理由として3つあげられます。

    1つ目の理由は、LINE社の公式発表にてメール利用者7800万人、LINE利用者8600万人というデータ(※2019年10月発表)がでており、LINE利用者がメール利用者数を超えているということ。

    2つ目の理由は、インターネット通販購入者の購入デバイス比率はスマホ、PCで9:1でスマホでの購入というデータが出ており、スマホ利用者でLINEを利用していないという事は考えずらいということ。

    3つ目の理由は「LINEが使用できない」、「LINEでの解約を望まない」というお客様にはコールセンターやメールのご案内をするコールフローを構築できるためになります。

  • Q2独自カートでも使用できますか?

    Aはい、問題なく使用できます。
    ECAIの仕組みはカートシステムに依存しません。どのようなカートをお使いでもご利用いただけます。どうして可能なのかはZOOMにてご説明のお時間をいただければ実際の画面を共有しながらご説明いたします。(5~10分程度)

  • Q3市外局番やフリーダイヤルから切り替えることは可能ですか?

    Aはい、可能です。 自動アナウンスで新しい番号の案内をする、もしくは既存の番号から転送をかけるという形をみなさまとっています。

  • Q4申込から実際の運用開始までどれくらいですか?

    A最短で20営業日になります。
    今までで一番早くても15営業日でした。

  • Q5途中の同線でオペレーターにつなげることも可能ですか?

    Aはい、可能です。
    現在6パターンの形でオペレーターにつなげることが可能です。
    それぞれのパターン毎にオペレーター比率を下げれるようになっております。
    運用しながら途中で変更も可能ですので自社のブランディングに合わせた運用が可能になっております。

  • Q6定期の解約をさせ辛くさせるサービスなのでしょうか?

    Aいいえ、まったく違います。
    ECAIは、お客様の希望の形でカスタマー対応を可能にするサービスになります。

    現在、多くの定期通販事業者様の、定期解約方法は、電話のみ解約受付になっているという事実があります。

    電話のみでの解約受付で起きている問題点として「平日10:00~18:00までしか電話がつながらない」
    「お昼時は回線が込んでいてつながりづらい」などの問題が起きています。

    しかし、ECAIを導入することで365日24時間お客様の好きな時間に定期便の解約依頼をすることができるようになり、
    電話がつながらない、という問題を解決致します。

    また、一定数いる”カスタマーと会話をしたくない”という方の希望に寄り添うことも可能になります。

    カスタマーと直接会話をしたい方にはカスタマー対応を行い、
    自動応答で手続きを進めたい方には自動応答で手続きを進める。

    要するに、人間が行う部分は人間が行い、ロボットが行う部分はロボットが行う。
    そしてロボットのおかげで新しくできた時間でお客様に直筆のお手紙を書いたり、
    お客様一人ひとりに寄り添ったメールを返信する。

    そして、お客様とより良い信頼関係構築をしていく。
    という事を実現してくれるサービスになります。

  • Q7PDFやパワーポイントの資料はありますでしょうか?

    A恐れ入ります。
    サービスのご説明に関して実際の映像を見ていただき、導入検討をしていただきたいため、
    弊社ではPDF、パワーポイントの資料をご用意しておりません。

    お問い合わせにてご連絡いただけましたらすぐにサービス説明のお時間を作らせていただきます。
    導入する、しない別にして興味が少しでもあるようでしたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

  • Q8通販以外の業種でも利用可能でしょうか?

    AECAIは通販専用で作られたサービスですが、現在も100万人を超えるyoutuber様や
    有名インスタグラマー様など多くの方にご利用いただいております。

    ファンとのコミュニケーションツールとしてぜひご活用ください。
    (※ファンの方へのグッズ販売やイベント告知をする際にご利用いただいているケースが多いです。)